予防方法を把握しよう|インフルエンザ対策をしよう|消毒と手洗いでウィルスを撃退

インフルエンザ対策をしよう|消毒と手洗いでウィルスを撃退

予防方法を把握しよう

頭痛や発熱などを引き起こすインフルエンザは、まずならないように予防することが大切です。インフルエンザの予防方法は多数ありますが、その一つとして基本的なことが手洗いとうがいです。手洗いやうがいは、インフルエンザウィルスなどが付着しやすい部分をケアできるためしっかりと行っておきましょう。手洗いをするときは、石鹸でうがいをする時はうがい薬を活用するのも一つの方法です。さらに予防をするのであれば、消毒を活用するのも一つの方法です。消毒液を活用すれば、手に付着するインフルエンザウィルスを多数減らすことができます。マスクも予防方法の一つです。マスクを活用すれば、空気中に飛沫しているインフルエンザウィルスの感染をある程度防ぐことができます。人混みなどに行くときはできるだけマスクを着用しておくといいでしょう。

そもそも、インフルエンザがどのような感染経路で感染するのか把握しておくと予防しやすくなります。インフルエンザへの感染は主に2つといわれ、その一つが飛沫感染です。飛沫感染は、自分の周囲にインフルエンザの人がいるなら特に気をつける必要のある原因です。インフルエンザに感染した人のくしゃみやせきなどで飛沫したウィルスに感染してしまうことで発症してしまうものです。もうひとつの感染経路が、接触感染です。インフルエンザウィルスの付着した手で触れた場所に、誰かが触れてしまい、その手で食事などを行った際にインフルエンザに感染してしまうといったものです。これらを予防するためには、手洗いやうがいが欠かせません。

このエントリーをはてなブックマークに追加