風邪とは違う|インフルエンザ対策をしよう|消毒と手洗いでウィルスを撃退

インフルエンザ対策をしよう|消毒と手洗いでウィルスを撃退

風邪とは違う

高熱などを引き起こすことで知られるインフルエンザですが、同じ感染症ということから風邪と間違える人も少なくありません。ただ、インフルエンザと風邪には大きな違いがあります。風邪の原因は、あらゆるウィルスに感染することにより、引き起こされ、微熱や咳などを引き起こすこともあります。ただ、その症状があまり重くなることはなく、薬などを飲めばすぐに解消するという特徴があります。また、予防もしやすいといわれています。ただ、インフルエンザだと38度以上の高熱が続くだけではなく強い頭痛などが続くこともあります。このため、できるだけ予防しておきたいものですが、その感染力の強さから発症する人も多くありません。強い症状は時に大きな病気になることもあります。特に高齢者や小さな子どもになると重症化することも多いため、しっかりと予防しておくことが大切なのです。

このようなインフルエンザですが、症状は様々です。高熱、頭痛に加えて、咳や寒気など風邪と似たような症状が続くのはもちろん、関節痛などを引き起こすこともあります。このため、体の節々に痛みを感じた時はインフルエンザかもしれないと考えておくといいでしょう。インフルエンザに感染した時はできるだけ病院での治療を行うことが大切です。病院ではタミフルやラピアクタなどあらゆる薬を処方してくれます。このような薬を活用してゆっくり休めば、徐々にインフルエンザの症状が落ち着くことでしょう。ただ、できるだけ感染しないよう予防しておくことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加